分かりやすく整理しよう

それで物件に到着したら、一枚目の写真としてその物件の名前や住所が記されたパンフレットを撮ることが出来ます。それからその物件のいろいろな写真を撮ります。このようにしておくならば、あとから膨大な量の写真を見かえした時でも、混乱しなくて済みます。一連のどの写真が、どの物件を撮ったものかがすぐに分かるからです。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件の不動産を見るときはカメラ持参.